フリーエンジニアが企業と信頼関係を築く

フリーエンジニアにとって仕事の獲得方法の選択は後々に響く重要なポイントです。
自分で求人案件を見て選ぶという方法と、エージェントに依頼するという2つの選択肢があります。実際に仕事を獲得する際には、自分の適性に合った仕事を選び出すというのが難しかったり、時間がかかったりしてしまうことが多く、契約を結ぶ際にも自力で交渉をしなければならないということがあって、エージェントに依頼してしまう人が多い状況があります。

エージェントに依頼すると基本的には仕事が途切れてしまわないように仕事の紹介を続けてもらうことができる場合が多く、仕事の内容も自分の適性にマッチしたものを紹介してもらえます。そのため、仕事も遂行しやすく報酬につながりやすいため、生活が不安定になる心配も当面はないというメリットがあります。しかし、将来的にはデメリットもあります。仕事は基本的に仲介してもらっているため、企業との対等な立場でのやりとりが行えず、信頼関係が軽薄になってしまいがちなのです。

その点では、自力で仕事を獲得してきていると契約と仕事の遂行を通して確かな信頼関係を築いて行くことができます。それは再び依頼を直接もらえることにつながるため、将来的にも継続して仕事がもらえる可能性を高めることにつながるのです。生涯を通してフリーエンジニアとして生きていくと考えるのなら自力での仕事の獲得を始めから行っていった方が得策なのです。

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です